ネットワンシステムズ(ネットワン、吉野孝行社長)は、企業が管理していないクラウドの利用状況を可視化して推奨対策も提示する国内初のセキュリティサービス「CASBサービス Shadow IT 可視化メニュー」を9月6日に発売した。

 新サービスでは、利用しているクラウド/利用者/通信量/危険度を可視化する「シャドーIT可視化機能」を提供。2万以上のクラウドを判別可能で、利用しているクラウドと利用状況を可視化することで、対策優先度の判断を支援する。具体的には、「危険度分類」「機能分類」「利用者の可視化」「通信量の可視化」の項目をウェブポータルから簡単に確認することができる。

 また、「レポート機能」では、シャドーITの可視化情報をもとに、“遮断を推奨”や“内容や利用理由の調査を推奨”などのセキュリティ対策を四半期単位で提言する。あわせて、その判断材料となる情報として、「とくに危険度の高いクラウドの概要と、想定されるリスク」「利用頻度の高いクラウド(アクセス数やインバウンド/アウトバウンド通信量から判断)」「その他、危険度別・機能別のクラウド数や、前回レポート時からの傾向変化など」を報告する。さらに、「テクニカルサポート機能」としてサービスデスクを用意し、新サービスの機能や利用方法などの問い合わせに回答することで、運用管理担当者の負荷を軽減する。

 今後、企業が許可するクラウドについても、高度なセキュリティを付加することで活用促進を支援するメニューを追加する予定。

 税別価格は、1ユーザーあたり年額5040円からで、別途、初期費用が必要となる。同社では、大規模企業・自治体・サービス事業者を対象に、初年度で3億円の売り上げを目指す。