ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は8月18日、佐賀大学(宮崎耕治学長)のキャンパス情報ネットワークを構築したと発表した。ソフトウェアをコアとして高度な運用管理性とセキュリティを実現しており、3月から稼働している。

 佐賀大学は、近年増加・高度化するサイバー攻撃への対策と同時に、少人数での運用を実現するための効率化を大きな課題としていた。また、前回のネットワーク導入から7年が経過しており、スマートデバイスなどの増加によるグローバルIPアドレスの枯渇対策と利便性の両立や、学術情報ネットワーク「SINET5」の高速化にも対応する必要があった。

 今回整備した佐賀大学のキャンパス情報ネットワークでは、運用性向上を目的としてソフトウェアを中心とした最新技術を採用しており、SDN(Software Defined Network)/HCI(Hyper-Converged Infrastructure)/クラウド型サンドボックス/パブリッククラウド連携などを組み合わせている。

 これによって佐賀大学は、各種機器や機能をソフトウェアで集中管理することによる運用性の大幅な向上に加えて、標的型攻撃対策を含めたセキュリティの強化を実現した。さらに、キャンパス内で教員が居室を離れても簡単に固有のシステム環境が利用できることによる利便性向上とグローバルIPアドレスの削減の両立、そして、ネットワークインフラ全体の高速化も実現している。