ウチダエスコ(江口英則社長)は9月14日、日本マイクロソフト(平野拓也社長)とSurface認定サービスプロバイダ(Authorized Service Provider:ASP)第1号契約を結んだと発表した。

 この契約にともない、顧客はSurfaceの修理対応に関して従来のセンドバック方式(引取修理)に加え、オンサイト方式(訪問修理)の「オンサイト保証パック」を選択することが可能となる。これにより、市場ニーズに合った高品質でスピーディなサポート・サービスを提供する。

 オンサイト保証パックは、法人向け拡張保証プラン(拡張ハードウェアサービスプラン/法人向けMicrosoft Complete)にプラスするサービス。10月2日から受付を開始し、法人向け拡張保証プランの保証期間と同じ期間(3年から4年間)に対応する。保証内容は、契約している法人向け拡張保証プランに準拠し、技術員が顧客のSurface利用場所に訪問してハードウェアの障害対応を行う。