アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」が提供する「脅威情報自動登録オプション(ARMS)」の連携対象製品として、NEC(新野隆社長兼CEO)の統合メールセキュリティ対策ソフト「Mission Critical Mail」を追加し、9月19日に提供を開始した。

 ALSIでは、最新の脅威に対応するため、InterSafe WebFilterのオプション機能として、標的型攻撃対策製品で検知した脅威情報をリアルタイムでURLデータベースに反映し、アクセスを遮断する脅威情報自動登録オプション(ARMS)を提供している。今回、連携対象製品として、新たにNECのMission Critical Mailを追加し、より幅広い環境での標的型攻撃対策強化に対応する。

 この連携では、Mission Critical Mailが悪性と判断したメールの本文内に記載されたURL情報をリアルタイムでInterSafe WebFilterのURLデータベースに登録し、組織内の端末からのアクセスを遮断する。これによって、メールをきっかけとした攻撃への即時対応が可能となる。