日立システムズ(北野昌宏社長)は、トミス(戸簾俊久社長)、イートラスト(酒井龍市社長)などとともに、マンホールを所有、管理しているさまざまな業種の企業や自治体に向けて、蓋の開閉状態や、内部の有毒ガス発生有無、水質・水量などを監視する「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」の販売を10月4日に開始した。

 今回のソリューションは、既設のマンホール内に顧客の監視目的に合致するさまざまなセンサを後づけで設置し、蓋の開閉状態や内部の有毒ガス発生有無、水質・水量などの状態をセンサやIoT技術を活用して収集・監視することで、マンホールの防犯・安全対策をトータルにサポートするもの。ソリューションの販売開始時点では、開閉センサ、ガスセンサ、水位センサのプロトタイプを用意し、これらを顧客要件に合わせてカスタマイズすることで、さまざまなニーズに対応する。この他のセンサについても、順次ラインアップを拡充していく予定。

 また、無線通信により蓋を閉じた状態でも効率的にデータを収集することを可能とするために、同ソリューションの通信手段として「LPWA」を活用する。従来から協業を進めてきたシスコシステムズ(鈴木みゆき社長)のゲートウェイ機器を用いたプライベートネットワーク以外に、各通信事業者が提供するLPWAサービスを活用したパブリックネットワークを準備している。今後は、各通信事業者から提供予定のセルラー系LPWAにも順次対応する予定。

 価格は個別見積もり。今後、日立システムズでは、多くのパートナーと協業し、積極的にマンホールの防犯・安全対策ソリューションを拡販することで、2020年度末までに累計12億円の販売を目指す。