インターコム(松原由高社長)は、Windows 10対応のIBM i(AS/400)用端末エミュレータの最新版「FALCON 5250 Ver.4.5 Rev.1.24」を10月16日に発売した。税別価格は1ライセンス5万8000円。

 最新版では、データ転送機能を搭載し、Windows 10非対応が発表されているIBM製のIBM i用端末エミュレータ「IBM i Access for Windows」(通称:クライアントアクセス)との互換性を強化した。これにより、クライアントアクセスからFALCON 5250 Ver.4.5への乗り換えができるようになった。

 インターコムでは、Windows 10への移行を検討しているクライアントアクセスユーザーに対して、互換性のあるWindows 10対応端末エミュレータを提供することで、その基幹業務を支援していく考え。また、販売パートナーと協力し、提供開始後1年で20社への販売を目指す。