さくらインターネット(田中邦裕社長)のグループ会社、アイティーエム(村上宗久社長)は、AWS運用管理支援ツール「マネージドクラウドポータル」の提供を11月7日に開始した。

 アイティーエムでは、これまでに自社のプライベートクラウドの提供に加え、パブリッククラウドの導入支援や、Amazon Web Service(AWS)とMicrosoft Azureを利用している顧客に対応したシステム運用・監視サービスなどを提供してきた。今回のマネージドクラウドポータルの提供では、ソニーネットワークコミュニケーションズ(十時裕樹社長)とTOKAIコミュニケーションズ(鴇田勝彦社長)と協業し、AWSのスムーズな導入を支援するとともに、運用と利便性の向上を図り、中小企業などへのパブリッククラウド利用のすそ野の広がりを支援する。

 3社の分担としては、アイティーエムは、わかりやすい日本語のユーザーインターフェースでAWSを利用したいという声に応え、ソニーネットワークコミュニケーションズが開発したマネージドクラウドポータルを販売するとともに、システム運用監視サービスを提供する。ソニーネットワークコミュニケーションズは、AWSの導入、移行支援と構築、初期設定作業を行う。TOKAIコミュニケーションズは、AWS導入にあたって高品質でセキュアな回線を提供する。

 価格は、マネージドクラウドの初期設定費が9万8000円、基本料金が月額5000円、マネージドクラウドポータルの基本料金が3万円(標準で300jobまで利用可能)。