富士通(田中達也社長)とシトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス、青葉雅和社長)は11月27日、CSP(Citrix Service Provider Agreement)契約を結んだと発表した。これに基づき、富士通はシトリックスが提供するデスクトップ仮想化(VDI)製品である「Citrix XenApp」「Citrix XenDesktop」「Citrix ShareFile」を活用したクラウド型の「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス VCC」の提供を12月1日に開始した。

 VCCサービスは、Windows 10をはじめとする主要OSに対応したシトリックスのVDI製品Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、Citrix ShareFileを活用し、顧客が業務に応じたさまざまなオプション機能を選択・利用できる月額制のVDIサービスを、富士通がクラウド環境から提供するもの。顧客システムの資産は、富士通が運営する堅牢なデータセンターで拡張性やセキュリティを担保した状態で管理され、システム運用にかかる管理業務の負担を軽減する。

 また、サービス導入については、専門知識をもつ富士通の担当者がVDI環境の構築や設定、運用マニュアルの提供を行うとともに、VDI環境基盤の監視とトラブル時の問い合わせ対応を行う運用サポートを提供する。

 税別価格は1IDごとに月額3500円(100IDでの契約時)。両社は今後、クラウド分野の協業を拡大し、「Citrix Cloud」と富士通のパブリッククラウドである「FUJITSU Cloud Service K5」を連携することで、VCCのサービスメニューをさらに拡充していく。また、モバイル分野のサービスでも協業を拡大し、顧客のデジタルワークスペース実現を強力に支援していく考え。