ディメンションデータジャパン(能島純一社長)とNTT都市開発(中川裕社長)は、フリースタイル・テクノロジー(本社・豪州、Mohan Jesudason代表取締役)が提供するIoT/M2Mプラットフォームと、オムロン(山田義仁社長CEO)が提供する人感センサと画像処理技術を活用し、NTT都市開発が所有するビルを対象に「IoT/M2M基盤を活用した、スマートビルディングの実現に向けた実証実験」を11月30日に開始した。

 今回の実証実験では、スマートビルディングの一例として、混雑しがちなオフィスビルの喫煙室を対象に、ユーザーの人数と位置データを人感センサで測定する。さらに、設置が容易な環境センサで温度・湿度・CO2などのさまざまなデータを取得し、データの相関関係を分析する。その分析結果から、喫煙室のリアルタイム空調制御への活用も模索し、環境負荷の軽減とビルの快適さの両立を目指す。

 各社の役割は、NTT都市開発がビルの付加価値サービス、最適運用の検討を行う。フリースタイル・テクノロジーは、同社が提供するIoTプラットフォームをベースにした実証実験環境を開発する。オムロンは、人の数を高性能に検出できる最新の人感センサと各種設定ツールを提供し、設置指導を行う。ディメンションデータジャパンは、実証実験の全体統括を担う。フリースタイル・テクノロジーの日本代理店として同社プラットフォームのライセンス提供、技術支援とその他各種ハードウェア調達を行う。