クロスコンパス(佐藤聡社長)とクラウディアン(太田洋社長)は12月12日、製造業向けAI(人工知能)の統合開発環境「Manufacturing-IX(M-IX)」と、クラウディアンのオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE(HYPERSTORE)」、AI実行用小型装置「CLOUDIAN AI Box(以下 AI Box)」とを連携させる工場向け異常検知ソリューションの本格的な検討を開始することで合意したと発表した。

 クロスコンパスは、AI開発に必要な「学習済みニューラルネットワーク」「ニューラルネットワークテンプレート」「知能モジュール(処理フロー)」「学習用データ」などを作成・蓄積・利用・流通させるためのプラットフォーム「Intelligence eXchange(IX)」をベースにした製造業向けAIの統合開発環境M-IXを6月にリリースし、製造業の現場への導入を進めている。一方、クラウディアンは、クラウドストレージサービス、エンタープライズITのアプリケーション、IoT、AI、ビッグデータ分析、映像・画像などに使われる大量データを経済的に、安全に保存するスケールアウト型オブジェクトストレージ製品HYPERSTOREを開発、提供している。

 今回、両社はM-IXとHYPERSTORE、AI Boxを連携させた工場向け異常検知ソリューションの本格的な検討を開始する。これにより、とくに機密情報を扱う製造業などの現場で最適なAI開発基盤として広く普及することを期待している。