クラウディアン(太田洋代表取締役)は、Microsoft AzureのBlob StorageでS3 APIを使えるMicrosoft Azure用「HyperCloud」を9月29日に発表した。

 HyperCloudは、Microsoft Azureクラウドプラットフォーム内の仮想環境下で実行されるソフトウェア。複数のAzure仮想マシン間の並列アクセスにより拡張性の高いパフォーマンスを提供する。HyperCloudを使うことで、ユーザーのS3対応アプリケーションはMicrosoft AzureのBlob Storageに接続できるようになる。

 また、HyperCloudからAzure Blob Storageに取り込まれたデータは、Azure Blob形式に保存され、バイモーダル、マルチクラウド、コンバージドソリューションを実現できる。さらに、Power BI、Azure Machine Learning、Cortana Analyticsなど、Microsoft Azureアプリケーションのエコシステムにアクセスすることが可能となる。