クラウディアン(太田洋代表取締役)は9月15日、米クラウディアンが人工知能(AI)と機械学習(ML)開発に必要となる膨大なデータ管理ソリューションのために、「Deeplearning4j(DL4J)」オープンソースのディープラーニング(深層学習)ライブラリを開発する米Skymind、および日本子会社(ギブソン・アダム・エドワード代表取締役)と提携すると発表した。両社は、この提携によりエンタープライズ品質のAI/MLソリューションを共同開発していく。

 Skymindは、Java、Scalaで書かれた商用グレードで、オープンソースの分散ディープラーニング・ライブラリであるDL4Jの商業的サポートを行っている。膨大なデータのなかにあるパターンを認識し、実用的なインテリジェンスを提供する。

 クラウディアンが開発し提供する「CLOUDIAN HYPERSTORE」は、スケールアウト型のオブジェクトストレージ製品。ディープラーニングのトレーニングに使う膨大なデータを経済的に処理・保存でき、容量制限を気にせず拡張可能なストレージシステムをオンプレミスのデータセンターに提供する。

 両社による最初の連携ソリューションは、ネットワーク攻撃の可能性を識別するセキュリティ監視ツールとなる。このソリューションでは、パターン認識を使用し、疑わしいネットワークトラフィックを特定する。ユーザーは、攻撃の発信元と宛先の両方を見ることができ、対策を簡単に行うことができる。クラウディアンでは、トレーニング環境、アルゴリズム開発、継続的なアップグレードを可能にする大量の非構造化データの管理を行う。

 今後、両社のソリューションは、とくにヘルスケア、金融サービスの詐欺検出、セキュリティ、ロボットなどの業界に大きなメリットをもたらすと期待されている。