ガイアックス(上田祐司社長)とサイバートラスト(阿多親市社長)は12月18日、「サイバートラスト オンライン本人確認プラットフォームサービス」を利用し、マイナンバーカードの読み取りによる公的個人認証を用いた本人確認を実現するスマートフォンアプリ「TRUST DOCK 公的個人認証」を日本初公開したと発表した。

 TRUST DOCK 公的個人認証は、スマートフォンにマイナンバーカードをかざすことで本人確認を行うことができるアプリ。パソコンやカードリーダーがない環境でも、公的個人認証を利用することができる。利用にはTRUST DOCK 公的個人認証アプリと、地方公共団体情報システム機構が提供する「JPKI利用者ソフト」アプリの2つをインストールする必要がある。本人確認を行うウェブサイトで公的個人認証を開始し、アプリでアクティベーションコードの入力と個人番号カードの読み取りを行うことで、本人確認が完了する。

 同アプリに利用するサイバートラスト オンライン本人確認プラットフォームサービスは、マイナンバーカードと公的個人認証サービスを用い、オンラインで瞬時に本人確認、所在確認、生存確認などを実現するサービス。従来の本人確認書類の郵送や犯罪収益移転防止法で求められる転送不要書留郵便など書面を用いていた本人確認や所在確認などをデジタル化し、各種確認業務の効率化とコスト削減を実現する。

 なお、今回のアプリ公開にあわせて、総務省のIoTサービス創出支援事業「デジタル身分証とスマートロックを利用した自治体スペースシェア」で、秋田県湯沢市の自治体スペースシェアでの試験運用を開始した。