ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)とサイバートラスト(阿多親市社長)は11月16日、竹中工務店(宮下正裕社長)と共同で、ビルディングオートメーションシステム(ビルオートメーション)でのIoT機器のセキュリティぜい弱性診断の実証実験を行うと発表した。

 今回の実証実験では、竹中工務店所有のビルオートメーションシステム関連装置や社内システムからビルオートメーションへの侵入を試み、不正アクセスや情報漏えいを想定したぜい弱性診断を行う。

 各社の役割は、SBTでは、ビルオートメーション全般に向けたぜい弱性の仮説立案とぜい弱性診断後の機器レベルからネットワークレベル、遠隔監視までの対策およびソリューションを提供する。サイバートラストは、IoTぜい弱性診断の実施、結果レポートと対策の検討を行うほか、サイバー演習手順、評価の技術支援と重要機器などへの高セキュリティ対策の提供を行う。竹中工務店では、ビルオートメーションでのセキュリティ注力点の調査・検討と実環境でのぜい弱性診断を実施。診断後の対策検討と、今後の新規建築物などに向けたセキュリティ対策実装を検討する。

 ぜい弱性診断では、不正アクセスや情報漏えい対策として、デバイスや制御コントローラ、ネットワークに潜むぜい弱性や潜在要因を検出する。実証実験の実施期間は、11月から12月までを予定している。

 SBTとサイバートラスト、竹中工務店は、今回の実証実験の結果をもとに、共同でビルオートメーションのセキュリティ対策を強化し、ビルオートメーションをはじめとしたEMS(エネルギーマネジメントシステム)市場のセキュリティ意識の向上を図っていく考え。