中国のエコシステム構築を加速

【上海発】Amazon Web Services(AWS)は1月10日、プライベートイベント「re:Invent Recap 上海」を開き、上海市経済和信息委員会および静安区政府と共同で「上海ー亜馬遜AWS連合イノベーションセンター」を設立すると発表した。

201801191846_1.jpg
AWS、上海市経信委、静安区政府の3者が共同発表

 同センターは、上海市静安区の市北高新区に面積2000平方メートルで設立する。AWSの最新技術・サービスや、グローバルでのスマートシティ建設の事例を紹介する展示エリアを設けるほか、クラウド・ビッグデータ関連の技術トレーニングセンターとして活用し、AWSの認定人材を育成。会議室やオフィススペース、インキュベーション施設も併設する。

 上海市は、静安区をビッグデータ産業発展の重要エリアに位置づけており、市北高新区はその中心地として関連企業の誘致を進めている。浪潮集団やインテルなどのIT大手が進出しており、2016年にはビッグデータの売買仲介を手がける上海データ取引センターも建設された。AWSとイノベーションセンターを設けることで、ビッグデータ産業の発展を促進させる。

 一方のAWSには、自社の技術を扱う企業や人材を増やし、エコシステムを強化する狙いがある。同社は17年に山東省青島市、陝西省西安市にもイノベーションセンターを設けている。同12月には、現地企業の寧夏西雲数据科技(寧夏西雲=NWCD)との戦略提携のもとで、北京に次ぐ中国第二のリージョンを寧夏回族自治区に開設するなど、中国市場での事業展開を加速させている。

 なお、re:Invent Recapは、AWSが米ラスベガスで開催している年次イベントの中国版。上海に加え、深セン、成都、厦門、北京でも実施し、最新のサービス群を紹介する。(上海支局 真鍋 武)