ニッセイコム(荻山得哉社長)は3月1日、人事管理システム「GrowOne 人事SX」と、給与計算システム「GrowOne 給与SX」を7月1日に発売すると発表した。

 新製品は、長年培ってきた人事給与システムの構築ノウハウを生かし、今後のAI分析対応などの機能拡充を可能にしたもの。画面の操作性、印刷機能の充実、性能向上を図るとともに、顧客の運用を容易にする「帳票簡易作成機能」を提供する。帳票簡易作成機能では、顧客が作成した帳票の雛形をシステムに登録可能で、登録した帳票は、繰り返し使用することができる。

 GrowOne 人事SXは、入社から退職までの基本情報・履歴情報・発令記録はもとより、組織の改変履歴などの人事管理業務を支援する。また、会社独自の業務をマニュアル化する業務手順登録機能や、グループ会社など複数法人を管理する機能などにより、効率的な業務運営を実現する。オプション製品として、権限設定により誰でも人員を参照できる「人事Web照会」を用意する。

 GrowOne 給与SXは、月例給与から賞与・社会保険・年末調整・昇給差額計算・通勤費管理・労働保険まで給与計算に関連するさまざまな業務を支援する。さらに、支給形態や計算式・項目が異なる、複数法人の給与計算に対応している。オプション製品として「昇給シミュレーション」「人件費シミュレーション」「退職金管理」をラインアップする。

 定額の利用料金でサービスを提供する。今後、オプション製品を拡充して総務総合ソリューションをメニュー化し、5年間で500社に拡販する計画だ。