ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)とSCSK(谷原徹社長)の両社は3月15日、基幹業務ソフトウェア「PCAシリーズ」と、エンドユーザー向けウェブアプリ作成・運用のクラウドサービス「CELF」の独自RPAエンジン(β版)を組み合わせ、中小・中堅企業向けにRPA活用方法の検討とRPAソリューション提供に向け、3月から実効性検証(PoC)を実施すると発表した。この実効性検証を踏まえ、CELFのRPAエンジンの提供を4月に開始する。

 CELFのRPAエンジンは、現在はβ版だが、PC1台あたり年間3万5000円と安価に提供する予定で、特定の分野や人だけでなく大勢の人の業務効率化を支援することを目的とした「大衆普及型」を目指している。そのなかで今回、中小・中堅企業向け基幹業務を得意とするPCAとSCSKが協業し、とくに導入が進んでいない中小・中堅企業に対してRPA市場を創造していく。

 実効性検証(PoC)では、PCAの「PCA商魂(販売管理)」「PCA商管(仕入・在庫管理)」と、CELFのRPAエンジンを組み合わせ、他システムから出力された取引先や商品の情報をもとにPCA商魂、PCA商管のマスターを登録・更新する。また、ネットショップの売上データをPCA商魂の売上データとして登録。PCA商魂の売上データをExcel に展開し、分析資料を作成する。このほか、支払先からの請求データとPCA商管の支払予定データの照合や、他社ソフトウェアとの連携(請求書電子化サービスとの連携による請求書発行の自動化など)、他システムからのデータ移行などを行う予定。