チエル(川居睦社長)は3月28日、タブレットセキュリティソフト「Winkeeper TB」の改訂版(Ver1.5)を6月25日にリリースすると発表した。文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」で、モバイル端末の紛失・盗難対策の一環として推奨されている「自己消去機能」を搭載した。

 Winkeeper TBは、万が一の紛失・盗難に備え、盗難や紛失を未然に防ぐ「見えないワイヤーロック」機能を搭載。不正持出しや盗難、不正接続などが原因で校内無線LANの範囲から外れたとしても、大音量のアラームが鳴り響き、端末を自動的にロックすることで、外部の第三者からの操作が不可能になる。また、許可していないネットワークへの「不正接続禁止機能」によって、セキュリティ対策がしっかり施されているタブレット端末を活用できる。

 今回の改訂版では、モバイル端末の情報漏えい防止を徹底するため、時限方式での自己消去機能を新たに搭載した。例えば、デバイスが不正に持ち出された場合、ポリシー違反でデバイスにロックがかかり、設定した猶予時間を過ぎると、ディスクデータが自動的に完全消去される。盗難にあったPCのデータに対するシステム管理者の不安を解消し、校務PC含め、安心してタブレットを利活用することが可能となる。