チエル(川居睦社長)と韓国Opticis(Dr.Hyun-Kuk Shin CEO)は3月26日、Opticisが生産する光ファイバー技術を活用した映像・音声製品の日本国内での独占販売権を含む戦略提携を行うことで合意したと発表した。チエルにとって映像・音声ハードウェア製品における独占販売は初めてとなる。

 今回の提携により、チエルはOpticisが世界各国に展開する映像・音声製品について、日本で独占販売する権利を得ることとなる。また、一部製品については共同開発を行い、日本市場に適した製品の開発を行うことで、より付加価値が高い製品提供を行う。

 Opticisは、日本の教育ICT市場に特化したチエルと提携することにより、日本市場でのマーケティング力と顧客である教育委員会、大学などへのサポート体制強化を実現する。また、同社は、チエルの開発人員との緊密な交流を通して、Opticisの技術力をさらに向上させるとともに、日本市場のニーズに応える製品やサービスの品質向上に注力していく。

 チエルとOpticisは、今後も日本での事業を共同で拡大するとともに、映像・音声製品を通して日本国内の教育ICTのインフラ整備を促進していく方針。