ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)とサイバートラスト(眞柄泰利社長)は4月10日、竹中工務店(宮下正裕社長)と共同でビルディングオートメーションシステム(BA)の設備環境を対象としたセキュリティ脆弱性診断の実証実験を実施したと発表した。

 実証実験の結果、社内情報系ネットワーク経由と、閉域網での運用を前提とした制御(BA)ネットワーク自体からのサイバー攻撃では脆弱性が検出された。これにより、制御(BA)ネットワーク上のサーバー(例えば、空調サブシステムなど)類や機器への不正侵入、またはマルウェアを感染させることで電力システム、空調システム、照明システムなどをダウンさせるといった被害をおよぼす可能性があることが判明した。

 今回の結果を受けて両社は竹中工務店と共同で、社内情報ネットワーク経由と閉域網での運用を前提とした制御(BA)ネットワーク自体からの侵入、機器への物理的な攻撃を想定して対策を講じる必要があるとし、BA向けセキュリティソリューションの開発を推進する計画。