NTTテクノクロス(串間和彦社長)は4月12日、遠隔会議用マイク・スピーカー「R-Talkシリーズ」の新モデルとして「R-Talk 900」と「R-Talk 950」を4月20日に発売すると発表した。

 R-Talkシリーズは、NTTが長年培った音声・音響処理技術を活用した製品で、高品質な音声会議を実現してきた。今回の新モデルでは、従来製品に採用していた音声・音響処理技術に加え、新たにダブルトーク状態でも安定した通話品質と、エコーキャンセル性能の向上を実現する技術を取り入れることで、参加者全員が同じ場所で会議を行っているようなリアルでストレスフリーな音声会議を実現した。

 R-Talk 900は、パソコンにUSBで接続するだけでウェブ会議での快適な音声通話を実現するウェブ会議向けマイク・スピーカー。R-Talk 950は、R-Talk 900の機能に加え、固定電話・携帯電話・PHSやスマートフォン・タブレット・パソコンと接続することで、さまざまなシーンで利用できるマイク・スピーカーとなっている。

 税別価格はR-Talk 900が5万円、R-Talk 950が8万8000円。同社では今後、音声認識システムとの連携ソリューションなどを提供していく予定。