日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、米OneLogin(ブラッド・ブルックスCEO)と販売代理店契約を結び、OneLoginが提供するクラウド型ID管理ソフトウェア「OneLogin(ワンログイン)」の販売と導入に関する支援サービスの提供を5月2日に開始した。

 OneLoginは、Office365、Google Appsなど事前に登録されている5000以上のクラウドサービスのほか、顧客独自のウェブアプリケーションで利用するIDを一元管理でき、パスワード管理の利便性向上を実現する製品。

 企業でさまざまなクラウドサービスの利用やWindows 10移行に向けた検討が進むなか、セキュリティを考慮してオンプレミスのシステムとクラウドサービスとのアカウント連携を実現することは難しい状況となっている。NSWでは、クラウド分野での開発、運用の実績を生かし、OneLoginを活用したIDの一元管理を提案するとともに、顧客が利用するクラウドサービスの利便性向上とセキュリティ強化を支援していく。また、OneLoginと同社の「Windows10移行支援サービス」を組み合わせ、セキュリティ対策はもとより、顧客の環境に最適な移行計画の立案も提案する。

 なお、OneLogin導入支援サービスの販売については、300-500人規模の企業向けに、今後3年間で40社への導入を目指す。