日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、AIソリューション「Toami Visionシリーズ」の第3弾として、AIを活用したアナログメーター自動分析サービス「MeterVision」の提供を5月8日に開始した。

 MeterVisionは、各種設備のアナログメーターの値を自動で測定・分析することで、点検作業の精度や作業スピードを向上し、効率化を支援する。カメラの取り付けだけでデータを取得するため、インターネットにつなげられない既存の古い設備なども自動測定が行える。読み取った値は、NSWが提供するIoTクラウドプラットフォーム「Toami」で収集することにより、データの蓄積や履歴管理、分析が可能となる。

 NSWでは、今後もToamiVisionシリーズを拡充し、顧客の業務効率化と働き方改革をサポートする。また、カメラ画像から人の属性(性別や年齢など)や視線を読み取り、店舗運営や設計に活用できる「FaceVision(フェイスビジョン)」の提供を予定している。