富士通(田中達也社長)は6月6日、ブロックチェーンを活用したクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」の販売を開始した。このサービスでは観光地や商店街、商業施設などで期限内に使えるデジタルなポイント、スタンプ、クーポンといった流通の仕組みを提供する。2020年の年度末までに累計100件の販売目標を掲げており、地域活性化の促進を目指す。

 ブロックチェーンアセットサービスにより、観光地や商業施設など特定地域に置いてあるQRコードをスマートデバイスで読み取れば、デジタル化されたポイントやスタンプなどが取得できる。取得したポイントなどは、特定地域のなかの店舗や施設で使えるクーポンに変換できる。

 また、これらスタンプやクーポンといった取引情報をログイン連携機能による利用者情報(年齢や性別など個人を特定しない範囲)と紐づけることで、利用者の嗜好や行動などを分析することができる。

 さまざまな観光地や商業施設で開催されるイベントに、このサービスを連携させることで集客率の向上や購買意欲の増進につなげられるとともに、データの分析結果から地域活性化に効果的な戦略の立案が可能になる。

 販売価格は月額150万円からで、初期費用は個別見積もり。また、このサービスは6月13日~6月15日に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2018」に出展する。