エプソン販売(佐伯直幸社長)は6月13日、レーザー光源のビジネスプロジェクタ高輝度モデルの新製品として、6000lm(ルーメン)の「EB-L610U」など6機種7モデルを8月から順次発売し、レーザー光源モデルのラインアップを拡充すると発表した。

 新製品の「EB-L600シリーズ」(4機種5モデル)は、4500lm-6000lmの高輝度でありながら本体質量は約7.8~8.5kgとコンパクトで、「EB-L610U」「EB-L615U」「EB-L610W」では、6000lm以上の国内レーザー光源プロジェクターでクラス最軽量を実現している。また、上下50%、左右20%の広範囲に対応するレンズシフト機能(EB-L400U除く)を搭載し、広い設置可能範囲を確保できる。さらに、全方位360度設置に対応しているため、天井や床などへの投写が可能となり、設置場所の自由度が広がる。

 レーザー光源と、無機の素材でできた蛍光体・LCDパネルを組み合わせることで、2万時間メンテナンスフリーを実現。講堂やホールなど、天井が高くメンテナンスの手間がかかるような空間への常設に適している。

 このほか、近年注目が高まりつつあるプロジェクションマッピングやパブリックビューイングイベントで活躍する製品として、高輝度2万lmの「EB-L20000U」と、エプソン初のネイティブ4Kモデル「EB-L12000Q」も用意した。これにより、プロフェッショナルが求める高いニーズにもしっかりと対応する。

 税別価格は、EB-L610U(ホワイト/ブラック)が89万8000円、EB-L610Wが49万8000円、EB-L510Uが60万8000円、EB-L400Uが52万8000円。EB-L20000UとEB-L12000Qはオープン。同社では、新製品を含めたビジネスプロジェクタで、今後1年間に約15万台の販売を予定している。