アーネストアーキテクツ(山口徹会長)と日本ERI(馬野俊彦社長)、大塚商会(大塚裕司社長)、グラフィソフトジャパン(コバーチ・ベンツェ社長)は6月26日、GRAPHISOFTのBIMソフトウェアである「ARCHICAD」とBIMビューアーである「BIMx」を使用し、電子申請により鉄筋コンクリート造戸建て住宅の確認済証交付に至ったと発表した。

 今回の取り組みでアーネストアーキテクツは、BIMモデル確認申請用図書作成マニュアルを作成した。ARCHICADで作成したモデルデータを改ざん不可能な情報とするため、BIMxデータに変換し、確認検査機関である日本ERIとクラウド上で共有することを実現した。

 これにより、アーネストアーキテクツは、社内の確認申請用図書作成期間の短縮を図ることが可能となり、確認検査機関である日本ERIは、電子申請受付ウェブシステムを介して、電子申請により確認済証を交付した。将来的には、整合性が担保できるなど3Dモデルのさらなる活用により審査期間の短縮を期待している。

 また、大塚商会は、確認申請にあたってのBIMワークフローを、グラフィソフトジャパンは、BIMソフトウェアの提供会社の立場からBIMワークフローに関するノウハウと技術支援を実施した。

 なお、今後の課題として、建具オブジェクト情報を利用し、採光・換気・排煙計算の簡略化を検討するとともに、今回の取り組みのノウハウについては、引き続きアーネストアーキテクツと大塚商会、グラフィソフトジャパンが共同でマニュアルをまとめ、講演活動などで公開していく。