独SUSEは6月25日、「SUSE Linux Enterprise 15」「SUSE Manager 3.2」「SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15」を発売すると発表した。

 SUSE Linux Enterprise 15は、最新のモジュール式オペレーティングシステムで、マルチモーダルITを簡素化して、従来のITインフラストラクチャをより効率化し、開発者に魅力的なプラットフォームを提供する。顧客はオンプレミスとパブリッククラウド環境全体でビジネスクリティカルなワークロードを容易に導入し移行することができる。

 また、SUSE Linux Enterprise 15プラットフォームは、マルチモーダルIT環境全体でアプリケーションのモビリティを確保するために「コモンコードベース」を使用。開発者コミュニティに注力し、開発者向け無償サブスクリプションやコミュニティLinux(openSUSE Leap)のセットアップから、フルサポートのエンタープライズLinux本番環境への移行を促進する。

 Linux用に構築されたSUSE Managerの最新リリース3.2は、コスト削減、DevOpsの効率向上、IoTやクラウド、コンテナインフラストラクチャ全体にわたる大規模で複雑な導入に対する管理の簡素化を中心とした新機能を提供する。エッジデバイスからKubernetes環境までのすべてを一元管理・維持する単一のツールにより、顧客はDevOpsの効率を改善し、コンプライアンス要件を満たすことができる。また、新しい拡張フォームベースのUI機能を使用することで、大規模で複雑な導入を容易に管理することができる。

 SUSE Linux Enterprise High Performance Computing 15は、ワークロードとクラスタ管理を含む並列コンピューティング環境向けに特別設計された包括的なサポートツールとなっている。なお、SUSE Manager 3.2は現在利用可能で、SUSE Linux Enterprise 15は7月中旬に販売を始める予定。