独SUSEは6月19日、コンテナ管理ソリューションの最新バージョン「SUSE CaaS Platform 3」を発表した。

 SUSE CaaS Platformは、すべてを備えたエンタープライズクラスのコンテナ管理ソリューション。アプリケーション開発とDevOpsチームに対して、コンテナベースのアプリケーションとサービスをより簡単に導入、管理、拡張できるようにすることでKubernetesの革新を実現する。今回の最新バージョンでは、クラスタ最適化の選択肢を広げ、より効率的で安全なコンテナイメージ管理を新たにサポートし、長時間実行されるワークロードの導入と管理を簡素化する。

 具体的には、拡張されたデータセンター統合とクラスタ再構成オプションを使用してクラスタ構成を最適化することができる。Kubernetes環境の設定は、プライベートとパブリッククラウドストレージの改善された統合機能と、Kubernetesソフトウェアロードバランサの自動展開によって簡素化する。また、新しいSUSEツールチェーンモジュールにより、顧客はMicroOSコンテナオペレーティングシステムをチューニングしてカスタム構成をサポートすることができる。

 ローカルのコンテナレジストリにより、コンテナイメージをより効率的に安全に管理することが可能となった。顧客は、外部レジストリからコンテナイメージを一旦ダウンロードしてから、ローカルレジストリにコピーを保存することで、クラスタ内のすべてのノード間で共有することができる。

 Kubernetes Apps Workloads APIを使用して、長時間実行されるワークロードの導入と管理を簡素化できる。このAPにより、通常タイプのワークロードのオーケストレーション(自己修復、スケーリング、更新、終了)を容易にすることができる。