日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA、会田容弘会長)クラウド部会は7月25日、「JAIPA Cloud Conference 2018」を開催する。クラウドサービスプロバイダやSIerなどクラウドビジネスにかかわる企業関係者が参加し、クラウド業界の“未来”について知見を深めることを目的としている。

 当日のセッションは、「総務省」「経済産業省」「AI」「ブロックチェーン」「セキュリティ」「法律」「モバイルモビリティ」の大きく7つのテーマで構成される。さらに、「成長するビジネスを支える制度、働き方、テクノロジー」をテーマとする「経営者パネルディスカッション」では、パネリストとしてさくらインターネットの田中邦裕社長、サーバーワークスの大石 良社長、ソニックガーデンの倉貫義人社長が登壇。角川アスキー総合研究所の大谷イビサ氏がモデレータを務める。少子高齢化による労働人口の減少、スタートアップや外資系企業の進出による市場の急激な変化、AIをはじめとする新しいテクノロジーの勃興と産業変革を背景として、企業が成長を続けるために、組織内の制度や働き方、テクノロジーをどのように変革していくべきかについて、議論を交わす。


■ 日時
2018年7月25日(水)
9時20分 開場

■ 場所
品川グランドセントラルタワー3F
東京都港区港南2-16-4

■ 参加費用
無料(要事前申込)
懇親会費:5000円

■ 主催
日本インターネットプロバイダー協会クラウド部会