日立システムズ(北野昌宏社長)とセキュアブレイン(青山健一社長兼CEO)は8月29日、最新型ウイルスへの対策として、シマンテックのエージェントレス型ウイルス対策製品「Symantec EDR Cloud」とセキュリティアナリストによる監視を組み合わせたサービスを、主に社内に専門のIT技術者がいない企業やセキュリティ対策の導入・管理に手間をかけられない企業などに向けて、10月1日に提供を開始すると発表した。

 Symantec EDR Cloudは、PCの情報を定期的に収集して、人工知能や機械学習を活用した分析により不正に侵入したウイルスの挙動を検知し、侵入経路や影響範囲の特定を支援するもの。同製品で分析された情報をセキュリティアナリストが監視し、問題があれば通知するサービスを合わせて提供することで、専門のIT技術者がいない企業やセキュリティ対策の導入や管理に手間をかけられない企業に効果的となっている。

 また、Symantec EDR Cloudは、一般的なEDR製品とは異なり、PCへのソフトウェア導入が不要なエージェントレス型であるため、PCへのソフトウェア導入作業や管理などの手間はかからないのが特徴。製品とあわせて提供する監視サービスは、豊富なサイバー攻撃の分析実績をもつセキュアブレインのセキュリティアナリストが行い、問題を検知した場合は管理者にわかりやすいかたちで報告する。

 500ライセンスから導入が可能で、端末数が少ない企業でも導入しやすい価格形態で提供する。モデル価格(ライセンス費+監視サービス費用含む)は、500台導入が1台あたり年額7500円、1000台導入が1台あたり年額6000円。

 今後、両社は幅広い業種・規模の企業・団体向けに同サービスとセキュリティソリューション「SHIELD」を積極的に展開し、ネットワーク・セキュリティ関連事業で、2020年度には年間600億円の売り上げを目指す。