日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)とワークスモバイルジャパン(石黒豊社長)、PTCジャパン(桑原宏昭代表取締役)の3社は8月30日、製造業向けIoTサービスの提供で協業すると発表した。

 今回の協業は、ワークスモバイルジャパンのビジネス版LINE「LINE WORKS」に、NSWのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」と、PTCジャパンのインダストリアル・イノベーション・プラットフォーム「ThingWorx」を連携させることで、製造現場でのIoTサービスの利用を推進することを目的としたもの。

 これにより、生産機器やセンサーなどから収集するデータに加え、計器など目視での確認が必要なアナログ情報やアンケートなども、担当者がLINE WORKSに入力することで情報を蓄積・一元管理することができるようになる。

 また、機器のエラーなどを検知した際には、LINE WORKSを通して作業員にアラートを通知することができる。そのアラートに対する作業員同士の指示や報告といったLINE WORKS上のやりとりの履歴を保存し、類似のアラートが発生した場合には過去の対応履歴を表示し、迅速な対応を可能とする。将来的には、蓄積された対応履歴の情報を機械学習にかけ、トラブルに対する解決方法をノウハウ化することも検討している。

 これらのサービスは、多くの利用者がすでに慣れ親しんでいるLINE WORKSをインターフェースとし、それを支えるToamiとThingWorxにより実現している。