日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、日本マイクロソフトが5月22、23日に開催した開発者向けイベント「de:code 2018」での会場内の混雑緩和を目的とした画像分析ソリューションとして、人・モノカウントサービス「CityVision」をMicrosoft Azureプラットフォーム上で提供したと発表した。

 CityVisionは、独自の画像AI分析手法を用いて、対象となるエリアにどれだけの「人」や「車」などのモノが存在しているのかを可視化し、得られるカウント結果をリアルタイムに提供するクラウドサービス。

 de:code 2018のイベント期間中は、混雑が予想される会場内のCafe Counter、参加者が利用可能な共有スペース、男性用トイレ前に合計6台のカメラを設置し、人数のカウントを行った。カウントの結果は、Microsoft Azure内でシームレスにde:code 2018公式イベントアプリ(ジェーエムエーシステムズ提供)と連携し、参加者はリアルタイムに混雑状況を把握することができた。なお、計測結果に個人を特定する情報は含まず、映像データは解析後に削除されるため、セキュリティを確保する。

 NSWでは、同イベントでの実績をもとに、今後もCityVisionを含む画像AIサービスをイベント開催などの混雑緩和サービスとして提供していく方針。