サイバートラスト(眞柄泰利社長)は、システム監視のメッセージ処理効率化ソリューション「MIRACLE MessageHandler」シリーズの第1弾として、SNMPトラップの処理効率化ソリューション「MIRACLE MH for SNMP」の提供を9月19日に開始した。税別価格は年額192万円。

  MIRACLE MessageHandlerは、システム監視機器から発生する障害メッセージをハンドリングし、効率的な運用を支援するソリューション。第1弾は、統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」や「Zabbix」が不得意としている大量のSNMPトラップ監視でのトラップの取りこぼしを軽減し、フィルタリング機能によってサーバーの負荷軽減と効率化を実現する仮想アプライアンス型の連携ソリューションとなる。

 MIRACLE MH for SNMPを活用することで、独自のプログラムにより、効率的なSNMPトラップ監視運用が可能となる。すでに、MIRACLE ZBXやZabbixで大規模なシステム監視をしている通信会社やデータセンターなどでの利用に適している。

 同社では、MIRACLE MH for SNMPを提供することにより、運用管理者の運用負荷を軽減し、効率的なデータ活用を推進していく考え。また、MIRACLE MessageHandlerシリーズとして今後も幅広く監視データの活用サービスを展開していく予定。