ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)は、「IoT活用に必要なサービスをつなげる」をコンセプトとしたプラットフォームサービス「IoT Core Connect」の提供を10月23日に開始した。

本サービスの全体イメージ

 新サービスは、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で、エッジコンピューティングを含むIoT、AI(人工知能)を連携し、IoT活用に必要なモノ・データ・ヒトを統合的に管理するサービスをシームレスに提供することで、メーカーやBtoBサービスを提供する企業などのIoTのビジネス化を実現するもの。

 豊富な導入実績があるMicrosoft AzureのIoTサービスを活用し、IoT機器の管理や収集したデータの管理・可視化をワンストップで提供する基本機能に加え、フィールドサービスやファシリティマネジメントなどの業務別テンプレート、AI、OTAアップデート、セキュリティーなどの各種サービスと連携する拡張機能で構成されている。

 デバイス管理機能では、IoT機器の固有情報を入力し、登録ボタンを押下するだけで、簡単に機器を登録できる。デバイス管理の一覧では、機器の状況(起動中・停止中・故障)も確認することができる。

 データ管理機能では、センサーから収集した情報が蓄積されたデータベースや機械学習用データなどをデータセットに追加できる。データ可視化機能として、さまざまなグラフやリストが用意されており、開発なしで自社独自のレポートを作成することができ、作成したレポートはワンクリックでいつでも最新の状況を確認することができる。

 ユーザー管理機能では、ユーザーアカウントを登録し、必要な機能にアクセスできるように設定されたグループに追加することで、IoTサービスを適切に運用可能。アカウント管理の一覧ではステータス確認や操作ログも確認することができる。

 今後SBTでは、同サービスを活用してメーカーやBtoBサービスを提供する企業などのIoTのビジネス化を推進していくパートナーを広く募り、パートナーとともにIoT社会を推進していく方針。