アズジェント(杉本隆洋社長)は12月4日、同社のコネクテッドカー・セキュリティのパートナーであるKaramba Security(本社・イスラエル、Karamba)が、11月27日に赤坂インターシティコンファレンスで開催された「Japan-Israel Innovation Summit 2018 -Future Mobility-」で、イスラエルの自動車の専門家グループ8人のうちの1人としてモビリティの未来について語ったと発表した。

 Japan-Israel Innovation Summit 2018は、国内外の専門家を招待しモビリティの姿を考えるサミット。イスラエルと日本のつながりを深め、イノベーションを促進、日本の産業に貢献することを目的に開催され、自動車業界をリードするイスラエル企業の成功事例を紹介した。

 講演で、KarambaのCo-founder兼会長であるDavid Barzilai氏は、自動車業界の成長を維持しつつ、サイバー攻撃から守る方法に焦点をあて、最新のサイバーセキュリティーについて、「コネクテッド機能を備えた自動運転車は移動性の変化であり、私たちの生活そのものの変化だ。しかし、サイバー攻撃の危険性が高まると、新しい技術革新の効力が損なわれてしまう。全方位のセキュリティーと信頼性がなければ、消費者は自動運転車に信頼をおかない。Karambaは、自動運転車を安全に利用するために業界最高レベルのサイバーセキュリティーソリューションを提供している」と述べた。

 Karambaとアズジェントは、今後も日本市場で共同で自動車業界でのサイバーセキュリティの啓蒙活動とソリューションの提供を行っていく。2019年1月に開催されるオートモーティブワールドでは、ミニカーを用いて来場者にハッキングを体験してもらうデモを実施する予定。