フォースメディア(池田譲治社長)は12月18日、QNAP NASシリーズの新機種として、ファンレスの静音設計でありながら、Intelクアッドコアプロセッサーと10GbEポートを備えたホームNAS「HS-453DX」を12月20日に発売すると発表した。価格はオープン。

HS-453DX

 HS-453DXは、スタイリッシュなデザインに対して、CES 2019 Innovation AwardとComputex d&i Awardを受賞しているモデル。Intel Celeron J4105クアッドコアプロセッサー、4GB DDR4 RAM(最大8GB)、マルチギガ(10G/5G/2.5G/1G/100M)対応のLANポートを装備し、最大677MB/秒の読み取り速度と648MB/秒の書き込み速度を実現する。2つのM.2 2280 SATA SSDスロットを装備(M.2 SSDは別売)しており、SSDキャッシュや、HDD/SSDによるハイブリッドストレージ構成によってさらに性能を向上し、メディアストリーミングなど性能要求の厳しいアプリケーションに対応する。

 デュアルチャネル4Kリアルタイムトランスコーディングなど幅広いマルチメディアアプリケーションを提供。Plex Media Serverは、DLNAデバイス、Roku、Apple TV、Amazon Fire TV、Google Chromecastにメディアをストリーミングする。また、4K 60Hz出力対応のHDMI 2.0ポートを採用しているため、非常にスムーズなマルチメディアストリーミングが可能となっている。