富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)は12月18日、ハウス電子マネーカードやポイントカードの一元管理から、スマホ上での手持ちカードの登録・新規モバイルカードの発券、マーケティング機能まで備えたモバイルWalletアプリ「まとめトク!」の取り扱いを12月3日に開始したと発表した。

「まとめトク!」のサービスイメージ

 まとめトク!は、各社のハウス電子マネーカードやポイントカードを一つのスマホアプリ上で集約・一元管理することができるモバイルWalletアプリ。新規のモバイルカード発券から決済、残高照会までを全てスマホアプリで完結して行うことが可能。まとめトク!アプリは、フェリカネットワークス(疋田智治社長)が開発・提供し、Google PlayとApp Storeでダウンロードすることができる。

 まとめトク!を導入することで、小売業やサービス業などの顧客は、自社でモバイルアプリを構築する必要がなく、素早く安価にモバイルカードサービスを開始することができる。また、モバイルカード発券が可能になるため、従来必要だった物理的なカード発券に関わる費用や会員登録などの作業負担を削減することができる。プッシュ通知やお知らせ配信機能によるプロモーションの強化も可能だ。

 さらに利用者は、カードレスでの決済やポイントの蓄積・利用が可能。会員を認証するQRコード・バーコードはワンタイム方式を採用しているため、不正利用などのセキュリティーリスクがなく、安心して利用することができる。

 なお、まとめトク!アプリは、兵庫県でスーパーマーケット「マルアイ」を展開するマルアイ(井元進社長)が採用を決めている。