日立システムズ(北野昌宏社長)は、さまざまな課題解決を支援するためにネットワークの構築・運用・監視サービスを組み合わせてパック化し、月額利用型で提供する「マネージドセキュアネットワークサービス」を販売すると発表した。第一弾として、国内外に複数拠点を抱える企業向けにマルチクラウド環境に適したネットワーク環境を提供する「NETFORWARD ネットワーク最適化サービス」を12月21日に発売した。

「NETFORWARD ネットワーク最適化サービス」の概要

 NETFORWARD ネットワーク最適化サービスは、SD-WAN技術や可視化技術を活用し、ネットワーク環境の構築や運用・監視・分析に加え、メンテナンスや障害対応までを全て日立システムズが対応し、クラウドサービス利用時の快適性の確保や、不具合発生時の迅速な復旧対応などを行う月額利用型のサービス。

 主な機能として(1)SD-WAN技術の活用による構成変更が容易なネットワーク環境の構築と負荷分散、(2)24時間365日のネットワーク・セキュリティー運用・監視サービスによる障害発生時の切り分け、(3)ネットワークの通信状況の可視化、(4)セキュリティートラブル発生時の緊急遮断、(5)ネットワーク利用状況を踏まえた分析レポートの提供や改善提案、などを組み合わせて提供する。

 このサービスにより、新たなクラウドサービスの活用や事業の成長にあわせてスピーディーにネットワーク構成を変更できるようになるほか、ネットワーク・セキュリティーに精通した日立システムズのエンジニアが遠隔から通信の状況に合わせてネットワーク構成をダイナミックに変更してボトルネックを回避したり、セキュリティートラブルの発生時にはネットワークを緊急遮断したりできるようになる。さらに、サービスの内容や規模に応じた月額費用で利用できるため、ネットワーク環境の最適化やコストの平準化を図ることができる。

 日立システムズでは、マルチクラウド環境で想定される課題の解決を支援するサービスをワンストップで提供することで、情報システム部門の負荷低減と、より快適なシステム環境の実現を支援する。また、人材不足の解消やセキュリティー対策強靭化、コスト低減などを支援するパックなど、顧客が抱えるネットワーク・セキュリティーの課題に即したサービスラインアップを順次拡充し、マネージドセキュアネットワークサービスのシリーズ全体で、2021年度末までに累計300社への販売を目指す。