日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は1月21日、米The MathWorks(MathWorks)のConnections Programに参加し、11月5日にコンサルティングサービスパートナーとして認定されたと発表した。

NSWのモデルベース開発ソリューション

 MathWorksは、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア開発会社。同社の主力製品であるMATLABとSimulinkは、自動車、航空宇宙、通信、エレクトロニクス、産業オートメーションをはじめとするさまざまな業界の研究開発部門で、製品開発のモデリングやシミュレーションに広く使われている。

 MathWorks Connections Programは、これらの製品やサービスを開発・販売している企業が参加できるパートナープログラム。NSWは、長年にわたる半導体デバイス開発の実績があり、画像解析と画像処理を得意としている。今回、これらのノウハウを活用したモデルベース開発で顧客への導入支援が評価され、モデルベース設計による画像処理システム請負開発と技術サポートに関してコンサルティングサービスパートナーに認定された。

 今後もNSWは、エレクトロニクス分野での組込み画像処理システムに内蔵される半導体デバイスの開発を支援していくとともに、オートモーディブ分野、インダストリ分野、デジタルテクノロジとの連携・融合により、顧客の事業価値向上に努めていく方針。