独SUSEは1月16日、SAP HANAに対するIntel Optane DCパーシステント・メモリーのサポートを発表した。

 このサポートにより、SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを実行するSAP HANAユーザーは、データセンターで大容量のIntel Optane DCパーシステント・メモリーを利用できるようになった。ユーザーは、さらに大量のデータをプロセッサーの近くに移動して維持し、メンテナンス中にシステムストレージからデータをフェッチする際の待ち時間を最小限に抑えることで、ワークロードを最適化することが可能となる。

 また、現在複数のクラウドサービスプロバイダーやハードウェアベンダーからベータ版で提供されているIntel Optane DCパーシステント・メモリーもサポートする。これによって、SUSEは、顧客がITインフラストラクチャーを変革してコストを削減し、より高いパフォーマンスを提供して効率的に競争することができるよう支援する。

 SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications上で実行されるSAP HANAワークロードに対するIntel Optane DCパーシステント・メモリーのサポートは、SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 4に含まれており、現在世界中で販売している。