バリオセキュア(稲見吉彦社長)は、USEN-NEXT GROUPのUSEN ICT Solutions(青柳陽一社長)が提供するインターネット接続サービス「フレッツ・アクセス(NC)IPoE」のセキュリティーオプションとして、VSRによるマネージドセキュリティーサービスが採用され、1月23日の提供を開始したと発表した。

 フレッツ・アクセス(NC)IPoEは、従来のフレッツ回線でのPPPoE接続が原因となる輻輳を回避し、IPoE接続による高速なインターネット環境を提供するサービス。今回、フレッツ・アクセス(NC)IPoEのセキュリティーオプションとしてVSRが採用されたことにより、高速なフレッツ環境でのマネージドセキュリティーサービスの利用や、マルチホーミング(回線冗長)機能のバックアップ回線としての利用によるコストパフォーマンスの高いインターネットの可用性向上が可能となる。