アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は1月31日、KDDI(高橋誠社長)が提供するSaaS型パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を通じて、企業向けWi-FiセキュリティーVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」の販売を1月18日に開始したと発表した。

ON/OFFで利用開始、接続先は全世界から選択が可能

 Business Port Support Programは、さまざまな業務アプリケーションを必要な時に利用することができるSaaS型のプラットフォームサービス。KDDIのサービスと一緒に利用することで、簡単に、素早く、便利に、強固な情報セキュリティーを実現し、顧客の負担軽減や利便性向上につなげることができる。

 ALSIは、Business Port Support Programを通じて、これまでスマートデバイス向けウェブフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」、セキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」を提供してきたが、今回、新たにWi-Fi Security for Businessを追加した。

 Wi-Fi Security for Businessは、AnchorFreeとのビジネスアライアンスにより、同社が提供しているサービスを国内企業向けにカスタマイズし、企業がフリーWi-Fiを含めた公衆無線LANを安全に利用することができるサービス。Wi-Fi利用時にアプリケーションをワンタッチするだけで、全ての通信をVPN経由で暗号化するため、社内からのインターネットアクセスと同等にセキュアな環境で利用することができる。外出時や出張時など世界中のどこからでも、どのような通信を使っても、安全にインターネットが利用でき、ビジネススピードの向上を実現する。

 さらに、Wi-Fi Security for Businessのオプションとして提供中の「プライベートサーバー」オプションを利用することで、自社が契約するクラウドサービスへのアクセスを簡単に制限することが可能となり、多様な働き方の実現を支援する。

 税別価格は月額200円、プライベートサーバーオプションは月額2万5000円/サーバー1台あたり。