フォースメディア(池田譲治社長) は、QNAP NASシリーズの新機種として、第8世代Intel Coreプロセッサー、4K HDMI 2.0を採用したハイパフォーマンスラックマウントNAS「TVS-x72XUシリーズ」を2月5日に発売した。

TVS-2472XU-RP

 TVS-x72XUシリーズは、第8世代Intel Coreプロセッサー、最大64GBのデュアルチャネル DDR4メモリー、Mellanoxと連携したiSER対応の2つの10GbE SFP+SmartNICポートを搭載しており、さらに柔軟なPCIe拡張性も備えている。40GbE/25GbE/10GbEネットワークカードを取り付けることで超高速スループットを可能にし、QM2カードやグラフィックカードでGPU、ビデオ監視などのパフォーマンスも向上させることができる。

 また、4K 60Hz出力に対応するHDMI 2.0ポートを搭載しているため、映像制作/編集などの分野で最適なオプションを提供でき、第8世代のIntel CoreプロセッサーにUHD Graphics 630を採用することで、よりスムーズで高画質な4K H.264を実現、1080pビデオトランスコーディングにも対応する。

 3.5インチSATA 24/16/12/8ベイの4モデルと、3.5インチSATA 4ベイとSSD用の2.5インチSATA 5ベイで構成される9ベイモデルの計5モデルをラインアップしている。

 なお、フォースメディアでは、NASとHDD、SSDの互換性を保証し、購入後すぐに利用できる「ドライブ搭載モデル」を用意している。また、導入後の安定した運用を支援するフォースメディア独自の保守サービスを「先出しセンドバック保守」「オンサイト保守」「プレミアオンサイト保守」「24時間365日保守」から選ぶことができる。

 価格は、単体モデルがオープン、HDD搭載モデルはTVS-2472XU-RP(1TB×24)が131万8000円から、TVS-1672XU-RP(1TB×16)が94万8000円から、TVS-1272XU-RP(1TB×12)が77万8000円から、TVS-872XU-RP(1TB×8)が58万7000円から、TVS-972XU-RP(1TB×4)が46万3000円から。