アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は2月20日、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」をバージョンアップし、3月18日に発売すると発表した。


 新バージョンのInterSafe CATS Ver.5.0では、フィルタリングカテゴリーを増強・細分化し、運用の柔軟性を高めることで、マルチデバイス・マルチプレイスでのより安全なインターネット利用環境を提供する。具体的には、これまで77カテゴリーだったフィルタリングカテゴリーを、国内ウェブフィルタリングソフト最大クラスとなる148カテゴリーへと大幅に増強する。高い網羅率により、さらに細かなアクセスマネジメントや、標的型攻撃対策、ホワイトリストによる運用が可能となる。

 また、InterSafe CATSは、近年一般化し増加しているHTTPSサイトにも完全対応しており、HTTPSによる暗号化通信上での情報漏えい・セキュリティー対策への備えとしても有効となっている。

 さらに、ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理の全てをクラウド上で行うため、大がかりな設備投資が不要で容易な導入・運用が可能。いつでもどこでも、確実にウェブアクセスを管理し、社内のネットワークに接続していない持ち出し端末や、マルチデバイス(Windows/iOS/Android)に対応し、組織内外のウェブアクセスを一元管理する。

 なお、InterSafe CATSとあわせて、企業向けWi-FiセキュリティーVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」を利用することで、カフェや空港、駅、ホテルなどでのフリーWi-Fi(公衆無線LAN)を介した通信環境下でも、さらに安全な通信利用が可能となる。