エレコム(葉田順治社長)は3月5~8日に東京ビッグサイトで開催した「リテールテックJAPAN 2019」に「繁盛店づくりICTソリューション」というテーマで出展した。ロジテックINAソリューションズ、ハギワラソリューションズ、DXアンテナなどエレコムグループのソリューションを結集して店舗業務の効率化などを提案した。

リテールテック2019に出展したエレコム

 出展ブースは「決済・カード&レジ・周辺機器」のコーナーに設け、スマートフォン決済サービスで話題のLINE Payの隣だったこともあり、多くの来場者で賑わっていた。

 レジ周辺機器やプリンター、デジタルサイネージのほか、ICTの基盤となるWi-Fi構築から店頭販促、店舗業務、防犯の省人化などを絡めながら小売店で課題の人手不足解消のためのツールをデモを交えて訴求した。

 また、ARコンテンツの制作・配信・視聴をワンパッケージにした「@AR」は「アッと驚くAR体験」として提案。2月にメガハウスと共同で発表した、人気の謎解きイベントやポイントラリーイベントなどで活用できる「ポイントラリープラン」を展示。来店や集客効果をうながすためのサービスとしてアピールした。