ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、2018年11月8日にマカフィーとの協業により発表した「マネージドセキュリティサービス for CASB(MSS for CASB)」の提供を4月11日に開始した。


 MSS for CASBは、マカフィーが提供する「McAfee MVISION Cloud(旧:Skyhigh Security Cloud)」とSBTがもつMicrosoft Office 365をはじめとしたクラウドサービス導入実績の知見を基に、シャドーITのベースライン策定とサンクションITの推奨ポリシーテンプレートを提供し、MSSとの連携による強固な監視・運用体制を実現する。

 具体的には、顧客の利用状況に応じ、定例会でのディスカッションを基に、同社の知見を生かしたリチューニングを提案する。また、アラート統計情報とインシデント対応の詳細結果に加え、アナリストコメントを含めた独自フォーマットのレポートを提供する。さらに、別途MSS運用監視サービスを利用することで、インシデントの早期検知や未然防御に役立てることができる。