ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)は4月11日、ニュータニックス・ジャパン(町田栄作社長)とディストリビュータ契約を取り交わし、ハイブリッドクラウド分野で戦略的に協業することで合意したと発表した。

 今回の契約に基づき、DISはディストリビュータとしてNutanix Partner Networkに参加し、「Nutanix Enterprise Cloud OS」の提供を積極的に推進していく。顧客企業は、Nutanix Enterprise Cloud OSを活用することで、クラウド移行のどの段階でも、パブリッククラウドのメリットであるシンプルな運用、俊敏性、拡張性というメリットを享受しつつ、必要なコントロールやセキュリティを維持することが可能となる。

 今後、DISはNutanix認定資格者を配備し、Nutanix Enterprise Cloud OSを搭載したインフラストラクチャの提供に加え、構築・運用にかかわるサービスと営業・技術、販売支援を全国で提供できる体制を整備していく方針。