サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は、インターナショナルシステムリサーチ(ISR、メンデス・ラウル社長)と協業し、Office 365/G Suiteユーザーに限定した、メールセキュリティーと認証機能(シングルサインオン)を1セットにした「Cloud Mail Security Suite」の提供を開始すると発表した。

 Office 365/G Suiteなどの世界標準的なメールサービスでは、グローバルで必要なセキュリティー機能は用意されているが、日本企業ではそれ以上のセキュリティーに関する機能が求められている。例えば、メール送信時の情報漏えい対策としての添付ファイルの自動暗号化・分離配送、メール審査、BCC強制変換などが挙げられる。また、Office 365/G Suiteなどのクラウドサービスを安全に利用するためには、認証、アクセスコントロールなどセキュリティー対策が必須となる。さらに、コンプライアンス対策として必要なメールアーカイブは、標準機能ではコストが高い、日本企業の要件を満たせていないなどの声があがっている。

 こうした点から、サイバーソリューションズは今回、Office 365/G Suiteユーザーを限定としたメールセキュリティーとメールアーカイブサービスを提供することにした。さらに、ISRとの協業により、Office 365/G Suiteユーザーが必要とする認証、シングルサインオン、アクセスコントロール、二要素認証・生体認証なども加えて1セットにしたハイコストパフォーマンスなサービスを用意した。

 主な機能としては、情報漏えい対策では、メール送信時の誤送信防止、添付ファイル暗号化・分離配送を実現。コンプライアンス対策(メールアーカイブ)では、全ての送受信メールと添付ファイルを7年保存。メールサービス乗り換え時も継続運用可能となっている。標的型攻撃対策は、アンチスパム・アンチウイルスによる多層防御に対応。認証機能は、クラウドサービスへのシングルサインオン(SAML認証)、IPアドレスや証明書を使ったセキュアなアクセスを実現する。

 価格は、「ベーシック」が月額300円、「スタンダード」が月額400円、「プレミアム」が月額500円。
 
サービスラインナップ