サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は4月2日、人工知能開発のオルツ(米倉千貴代表取締役)と人工知能開発プラットフォーム「Altgo.com」を展開するオルツテクノロジーズ(金丁龍代表取締役)と業務提携すると発表した。

 この業務提携によりサイバーソリューションズは、同社が提供する法人向けのメールとチャット、アーカイブのサービスに、オルツグループの膨大なAI技術を組み合わせた新ソリューション「CyberAI」を立ち上げる。企業内で最もビッグデータともいえるメールとチャットのアーカイブデータをAIで活用することによって、コミュニケーションをさらに円滑に行うための技術活用やデータ分析による傾向予測などが可能となる。

 CyberAIは個人ごとに蓄積した普段のコミュニケーションデータをもとに分析を行うことで、「機械的な返答」になりがちな従来の対話エンジンと比べ、個人の特徴が反映されたコミュニケーションの実現をAIで支援する。

 さらに、サイバーソリューションズが展開する法人向けメッセージングソリューション「CyberMail」「MailBase」シリーズの約130万ユーザーに対して、オルツグループのAltgo.comを解放する。これにより、CyberMailのユーザーはAltgo.comの新規アカウントを開設することなく、AIエンジンを使ったソリューション展開ができるようになる。