アイティフォー(佐藤恒徳社長)は5月22日、長崎県長崎市(田上富久市長)から「CARS滞納管理システム」を受注したと発表した。長崎市は、CARS滞納管理システムを導入することでシステムを刷新し、業務効率化を図る。なお、同システムは、20年1月に本番稼働の予定。

 CARS滞納管理システムは、滞納後の徴収を行う「滞納管理」だけでなく、例えば前年に分割納付した滞納者の一覧を抽出し、納税相談の案内状を自動生成して事前に送るなど、滞納する前に滞納を抑制する「徴収管理」も支援することができる。

 また、滞納状況の「見える化」によって、徴収業務の効率的な進捗管理が可能で、税目、地区、滞納額、年齢、滞納状態など条件設定により容易に必要な情報を抽出できる。進捗管理では、一連の業務進捗をワークフロー方式で「見える化」し、担当者が的確に進捗状況を把握することができる。さらに、その日に行うべき業務を担当者別に自動で振分・抽出し、業務をスムーズに開始することができる。

 同社では、今後も長崎市をはじめ、地方自治体の滞納管理業務の効率化に向け、引き続きソリューションを提供していく方針。